© 2018 Shuhei Takahara All Rights Reserved

over head view painting

油絵具を使用。

航空写真を元に描いている。

都市や山などを俯瞰し、圧縮され平面化した大地を描写し、

現代を客観的に観測することを目的とする。

望遠鏡と顕微鏡

地球に住む人々は何千年も前から空を見上げ、星を探した。

惑星に名前を付け、観測し、距離を測った。

空に張り付く光る点を見つめ続け、世界の構造を知ろうとした。

それは頭上を見上げることでしか、この大地を俯瞰する術が無かったからだ。

見上げることで俯瞰する、この逆転と矛盾の構図。

飛行機が飛び、人工衛星が浮かぶ。

私は大地を俯瞰することで、宇宙を見上げ

レンズを覗くことで、立ち位置を知る。