© 2018 Shuhei Takahara All Rights Reserved

abstract painting

油絵具をベースに、クレパス、色鉛筆、ラッカースプレーなどを併用。

顕微鏡で見た細胞や、望遠鏡で見た宇宙などのイメージを抽象化したもの。

「エーテルと細胞膜」

かつてデカルトは天体の動きを
宇宙を満たすエーテルの渦の動きによって説明しようとした。

残されたその宇宙の図解が
細胞や木の幹にみえるのは何故だろうか。

その共通項を偶然という言葉で済まさずに、見据え続けることが
この世界の構造を理解することに繋がるのではないかと
絵画を通し考えている。